2007年12月14日

雑談的ななにか。

もう12月も半分です、早いです、こんばんは。

今この文を打ってなんだか寒気が。

なぜか。

さっきも打った文章だから。

ブログ書いてたらPCが異常終了・・・。

これだからオンボロは困る(´Д⊂ヽ

ま、もうすぐそんな悩みともおさらばできるはずだけど

おっとその話はもうちょい先に。




今日はバイトの給料日。

入ってきたお金だから、まぁ使うわけで。

フライングして1個買い物してたけど、

今日もう1つ。宅急便の運ちゃんに世話んなりっぱなし。

楽しみ・・・ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ




で、本題はここから。

今日の英語の時間。

なんともためになるお話を聞いたからひとつ。

次の2つの文、

May I borrow your computer?

Can I borrow your computer?

にはとても大きな違いがあるってな話。

「とりあえず訳せ」とかいうなぜか体育会系的丸暗記一辺倒英語を

やってたら厳密な違いとかわかんないわけで。

「may」と「can」に違いがあるわけだけどこれは日本語にも

結構関係してて。

とりあえずためになったんで解説。

canには、

  ・能力
  ・許可
  ・可能性

とかいう意味が含まれていて、(能力は可能性の特別な場合だったりする)

mayは

  ・許可
  ・可能性

なんだそうで。この意味も英語で書いたらとてもわかりやすいけど

忘れた(というかノート取ってないw)から割愛。

で、さっきの文。

May I borrow your computer?

Can I borrow your computer?

「で、結局なによ?」ってな話になるけど、

2つの文で言いたいことは「おまえのパソコン使わしてよ」

ってことだけど、要はそれを誰が判断するかが違うわけらしく。

それが誰かっていうと、

may・・・貸す側(2人称)

can・・・借りる側(1人称)

なんだそうで。



だから、「May I borrow your computer?」っていうと、

「パソコン使いたいんだけど・・・いいかなぁ?」みたいな。

この人がパソコンを使えるかどうかは持ち主しだい。

ところが「Can I borrow your〜」だと・・・

「おいのび太!ちょっとパソコン貸せ!!」って

いきなりジャイアンが登場するかのような物言いに。

使うかどうかは、言わずもがな言った人。





・・・なんか中学のとき聞いたような・・・・・?



まぁいいや。次に日本語との関係。

上の文を日本語にしてみると、


あなたのパソコンを使わせてください

あなたのパソコンを使わせていただきます


てな具合に。だから、目上の人に

「〜していただきます」なんて言ったら「なってない」って思われる

らしいです。


低脳な工学系の大学生はこんな英語やってます(ノ∀`)アチャー




話は変わって授業中に感じたこと。

この英語の時間は学生が何かしら発言して進んでいくもの

なんだけど、他人の発言を聞いてて

「なんか、」とか「〜な感じ」などを多用する人がいるわけで。

おそらく当の本人は気づいてないんだろうけど、

論理的な発言が要求される場ではこの手の発言は致命傷に

なりかねないくらい印象が違う。という話でした。







↓参加中。消えないように。




↓こっちも。押してくだされ。






たまにはマジメに書いてみた。てか読んでる人いねぇしww

dondoco33 at 22:42│Comments(4)TrackBack(0)日記 | なんとなく

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぷっち   2007年12月14日 23:55
はじめまして〜ヽ(*・ω・*)ノ
高二のぷっちといいます!
いつも読んでます(w>ω<w)

Can I って高圧的なんですね‥((゚Д゚ll))
危なかったぁ〜(*o´∪`)o
2. Posted by ワッキー(仮)   2007年12月15日 00:03
>>ぷっち さん
読んでる方がいたとは!
ありがとうございます・・・。

今日の英語の時間の受け売りでした。
3. Posted by 絵師   2007年12月15日 03:28
ちゃんと読んでます。英語そうなんか〜、万が一留学する時気をつけるわ。
4. Posted by ワッキー(仮)   2007年12月16日 16:23
>>絵師
おぉ、ありがとう...。
読んでたんか、サンキューですた。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔